色白の美乳が魅力的な風俗嬢

何気に好きなんですよ、風俗

そこまで対外的に風俗隙をアピールしている訳ではないんですけど、実は結構好きなんですよ。そんなに頻繁に遊んでいる訳じゃないので何とも言えないですけど、ただ遊ぶ時には徹底的に楽しみたいなって気持ちから、結構ダイナミックに遊びますよ(笑)月に一度遊ぶか遊ばないかの頻度なんです。そこでケチったり、遠慮したら勿体ないじゃないですか。むしろお客なんです。自分が描いていることはすべて楽しみたいなって思っても不思議じゃないんじゃないかなと思いますので、風俗で遊ぶ時には自分のエゴをしっかりと貫いて楽しませてもらっています(笑)それが何気に楽しかったりするんですよね。女の子との時間を楽しむと言うこともありますけど、エゴを通すことって日常生活の中ではそんなにないじゃないですか。むしろどれだけ耐えるのかが求められている時代なんです。風俗くらいでしかエゴを通すこともないだけに、貴重な自己主張が出来る場だなって思いますよ。

言うまでもなく、ロマンでしょう

風俗の世界は言うまでもなく、ロマンです。ファンタジーと言っても良いかもしれないですね(笑)「風俗はファンタジー」と言えば、「何を言っているんだ」みたいに思われるかもしれないんですけど、非日常という点や普段の自分の生活では味わえないものを味わえるという点に於いてはこれ以上のものはないんじゃないのかなとも思いますね。だから風俗で遊ぶ時には自分でも信じられないんですけど、いろんなことを考えるんです。そして、そこから様々なものが生まれるのも事実なんですよ。そういったモチベーションというか、ある種の楽しさへの飢えが自分の風俗へのモチベーションになっていると思うんです。だから風俗って男にとってこれ以上ない程の非日常感が待っているし、利用者が多いのも良く分かるというか、むしろそれだけの利用者がいるのもある意味では当たり前だろうって気持ちになります。誰もが「ロマン」を求めたくなる時があるってことなんですよね。