色白の美乳が魅力的な風俗嬢

風俗こそ合理的じゃないですか?

風俗は性欲を「合理的に」満たせるので大好きです。自分自身、冷静になって考えると女の子が好きなんじゃないんです。女の子に性的に満たしてもらいたいだけなんです。それなのに紳士という皮をかぶって性欲目当てじゃないんだよってアピールして優しさを振りまきつつお金と時間を使って。それでも決定権は女の子側にあるんです。こんな無駄な時間はないんじゃないですかね(苦笑)ましてや一度そこにたどり着いたからって二度目からは簡単ってこともないですしね。多少ハードルは下がるとしても、そのハードルと引き換えに毎日のように愚痴を聞かされたり、ちょっとしたことで機嫌が悪くなって八つ当たりされたり、そうならないよう気を使って喋ったり。そこまでするくらいな風俗でいいんじゃないですかね(笑)むしろ風俗こそ余計な努力もなければ気にすることもなく、その場で抜いてくれるだけのサービスなので理想そのものなんじゃないのかなと思ったんですよ。

お金じゃないからって話です

お金じゃなく、快感を求めているからこそ風俗で遊ぶんです。確かにお金も大切なものであることは間違いないと思いますし、お金は関係ないなんて言える程自分が物凄く稼いでいるかと言えばそんなことはありませんのでどうしてもお金のことも意識しなければならないとは思うんですけど、それでもやっぱり風俗で遊ぶ以上、お金だけにこだわるのではなくてその他の部分というか、あくまでも自分の理想の時間を過ごしたいよなって気持ちがありますので、風俗で遊ぶならやっぱりお金にこだわるのではなく、自分の好きなようにということこそ、とっても大切なことなんじゃないのかなって思いますし、むしろその気持ちを持つことによって、かなり楽しい時間を満喫することが出来ているんじゃないのかなという気もしますので、風俗で遊ぶ時にはお金のことを考えるのは野暮ってものなんじゃないのかなって思うようになりましたし、たまにしか遊ばないのでそれはそれでいいのかなって。